むし歯菌の感染

たけのやま歯科院長の山田です。

「皆さんの歯を守り育てる」ことを使命として開院した当院ですが、
より広く予防の知識を知っていただくためのブログを始めることにいたしました!

ここでは
「子どもをむし歯にさせないBLOG」
と題し、
お子さんのむし歯予防についてに的を絞って情報提供をしていきたいと思います。
現在私が知る限りの知識を書き留めていきたいと思います。
医療の世界は日進月歩ですから、私が書いたことも将来誤りであることが分かったりする事もあると思いますが、
出来る限り最新の情報を発信していきます!

第一回
『むし歯菌の感染』

生まれたばかりの赤ちゃんには、むし歯菌はほとんどいません。
実は周りの大人からうつるのです。
その多くはお母さんから。
そして、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん。
つまり、周りの大人が自分のお口のケアをしっかりとすることが、
小さなお子さんのむし歯予防にもなるのです。

表現はあまり良くありませんが、
「感染源の除去」
です。
小さなお子さんが周りにいらっしゃる方は、
ご自身のためにも、
そのお子さんのためにも、しっかりとケアをしましょう。

次に、
「伝播経路の遮断」。

最近の育児雑誌等にもよく書かれていますが、
同じスプーンで食べものを与えることや、キスでうつったりする、という話。

私個人はこれを無理に抑える事はあまり言いたくないところです。
スキンシップとして良い部分もあるだろうし、
神経質になりすぎてしまう傾向のあるところですから。
なので、気をつけられる範囲で気をつけてください。

ちなみにうちの子どもは、未だに同じお箸、スプーンでは極力与えていません。
本人も私の仕事をよく分かっていて、
また「むし歯になりたくない」という気持ちをしっかり持っているので、
私が口にチューしようとすると、
「むしばいきんがうつるじゃん!」
と怒ります(笑)
まぁ、私が歯科医師だから自然な空気でそうなりますが、
一般の家庭でお子さんにそんな風に怒られたらショックですよね(汗)

最後に、
「むし歯菌の定着への対策」
です。

ここが最も重要です。
簡単にいえば、甘いものの味を覚えさせないこと。

できれば3歳までは甘いおやつは遠ざけること。
チョコレート、アメ、ジュースなど、いかにもなものは特に。

なぜ3歳なのかというと、
むし歯菌は2歳9ヶ月頃までに感染することが多いと言われています。
もしそれより以前に甘いものを覚え、頻繁に食べてしまっていると、
むし歯菌が早い時期に定着します。
小さなお子さんの口の中はまだどんな菌もしっかり定着はしていない状態。
早く定着した菌が、長く、多く、生き残ります。

つまり、3歳までにむし歯菌が定着してしまった子は、
むし歯になりやすい子になってしまう可能性が高くなります。

逆に、3歳までにむし歯菌の定着しなかった子は、
のちの予防がすごーく楽になります。

同じ生活をしているのに、むし歯になる子、ならない子がいるのは、
多くはこの部分によるものだと思われます。
よく言われる「歯の質」はあまりはっきりと証明されていません。
「唾液の量や質」はあるのですけれど、これも小さなお子さんに関しては大きな差はないところ。

「感染源の除去」、「伝播経路の遮断」は、徹底するのは難しいです。

ご自身はともかく、おじいちゃん、おばあちゃん、
さらにいえばお友達のお口のケアまでコントロールすることは無理ですよね。

伝播経路についても、細かく言えば熱いものをフーフーして冷ますことでも
唾液が食べものに飛びますので感染の可能性はあります。
そこまでこだわると、外食のときにもうちわであおいで食べものを冷ます、という
はたから見るとちょっと不思議に見えるかもしれない光景になることもあります。
(うちの子はやっていますが・・・)

ですが、もしむし歯菌が大人の口から何かしらの経路で運ばれても、
お子さんのお口の中で定着せずに流れていってしまえば問題はありません。

ただこれも、2歳を過ぎたあたりからちょっとずつ難しくなるところではあります。
周りの大人やお友達から甘いものをもらう機会も増えますし、
周りの子どもたちが食べていたら、自分のところだけあげない、なんてことも難しいこともある。

特に兄姉がいる場合。
下の子は、お兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒におやつを食べることが多いですから、
一般的に早く甘い味を覚え、習慣的に食べることが増えます。
なので、上の子は全然むし歯がなかったのに・・・というのはよくある話。

むし歯のなりやすさは「遺伝」ではないのです。
(全く関係ないわけではありませんが)

ですが、これも何が何でも絶対に食べさせない!というのは、無理です。
「習慣化させないこと」が大切。
そして「量よりも頻度」です。

ちなみに、うちの子は、さすがにチョコやアメは与えていませんが、
アイス、ジュースは大好きです。
おやつ大好き。
いつも「むし歯になりたくない気持ち」と「甘いものを食べたい気持ち」を戦わせています(笑)
ですが、時間は決めさせています。

このあたりは、また追々書こうと思います。
コツを得て対応しましょう。

ということで、
小さなお子さんへのむし歯予防は、

「感染源の除去」
「伝播経路の遮断」
「菌の定着への対策」

この3つを無理なく組み合わせることです。
1つだけを完璧にしようというのは難しいので、それぞれを可能な範囲で取り組みましょう。

これにさらに加えるなら、いわゆる「フッ素」、
つまり「フッ化物の応用」ですが、
これもまた別の機会に!

« 子どもをむし歯にさせないBLOG 一覧